ロングサイドでの出来事やおすすめメニューを北海道は北見から世界に発信!

-------- -- --:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 |
2016-03-09 Wed 19:30
北陸トリップ!Part.1
今、空冷のビートル高いから、安かったら買って売ったらいいよ!!

なんて話は良くある話。

古物商としては、のるしかない!!

売らないで、自分でのろ~。

買ったのは1974年式、ツインキャブ、極上品のフォルクスワーゲン ビートル。



ヤフオクをまめにチェック。

ポチポチっ。

おー!!末端価格200万!!

ニヤニヤが止まらない。

もう少し寝かせるか。
(本当は自分で乗りたい。)

数ヶ月後、、、

雪溶けたら、車検取るか、試しにオークションかけてみるかなぁー。

最近チェックしてなかった!

久しぶりにヤフオクで値段見てみるか!

50万

おわた。

季節と、車の値段は移り変わるのが早い。

欲しい方、お話しましょう。ロドリゲスです。

あ、さて。

先日、お休みを頂きまして、ロドリゲス1人で北陸へと旅に出掛けておりました!

久しぶりの旅で、テンション上がり4ヶ月前からリザーブ。

旅の日程は、福井で結婚式に出席→金沢視察

とまぁ、これだけなんですが、北の大地、北海道から行くとなると、まぁ大変。

北見→女満別空港→羽田空港→小松空港→福井→金沢

片道の日程だけでも、ほぼ1日。

大学時代、北海道から1人京都に乗り込んだロドリゲス。

京都に進学する理由はただ一つ!

ロドリゲスの本名は武田 真則

武田信玄の子孫と名乗り

信玄公は京都に乗り込む前にこの世を去った。俺はその無念をはらしにいく!!

と、乗り込んだものの、友達も親戚もいない京都。

そんな、京都初日に、僕が寂しさに耐え切れず、ナンパした彼。

それが今回、福井の結婚式に呼んでくれたので、ロドリゲス週末お休みを頂きまして、行って参りました!

大学時代、可愛がっていた後輩が、小松空港まで迎えに来てくれるとの事。

なんて優しい後輩なんだぁ。

出発前、メールがなる。

ロド「お!クマ(後輩のニックネーム)だ!」

クマ「まっちん(ロドリゲスのニックネーム)小松空港まで行けへんわー!」

ロド「そうか。は⁉︎え⁉︎おい!!

クマ「お土産はイクラな!」

ロド「-_-」

やむなく、空港から自力で行く事に。

羽田空港行きの飛行機に乗り込む。

ん?

なんか、、、

臭い。

飛行機はピストンで運行しているので、羽田空港から女満別空港に来る便で、臭いがついたのかな?

しかし、、、

臭い。

自分の座席を探し、前に進めば進むほど、臭い。

6.7.8.9

次だな。

座席9と座席10の間で、その臭いがマックスに。

なに⁉︎

そこでロドリゲスの目に飛び込んできた物。

前の座席のおっちゃんと、ゲラゲラ関西弁で笑いながら何かを食べているおっちゃん。

備え付けのテーブル上には、目視で確認できるだけでも、オホーツクの珍味が5種類は並んでいた。

臭い。

そして、「トンビ」というタコのくちばしを初めて食べたのか、クチャクチャと苦戦しながら食べている。

関西「うわぁーくちばしやー!ゲラゲラー笑」

わかったよ。。

居酒屋帰りの臭いに包まれたロドリゲス。



小松に着くなり、またメール。

クマ「福井駅まで行ったるわー」

ロド「(なんだ、コイツ。)ありがとうー!助かるわー♡」

その後、信じられないメールが。


そのやり取り、一部始終ご覧ください。



お気付きだろうか。

このクマという後輩。

北海道から来る先輩を迎えに行くという大切なミッションの途中に、ヒッチハイカーを拾ったのだ。

なんとか福井駅に到着。

もちろん助手席にヒッチハイカー。

これがクマだ。







相変わらずの、いい奴だったよ。クマ。

会場に到着。





大学時代の友人達と再会。

10年ぶりの再会。

もっとゆっくりしたかったけど、ロドリゲスにはもう一つミッションが。。。

みんなありがとう!

必ずまた飲もう!

大ちゃんおめでとう!幸せにね!





さぁ、そろそろ金沢に行かなければ!

ロド「クマ、福井駅まで送って!」

クマ「は?」

ロド「え。」

クマ「いやや。」

ロド「マジで、お前!」

クマ「マジやで?」

ロド「{(-_-)}」

クマ「しゃーないなー。」

嫌がるクマを連れ駐車場へ。

えぇーー!!

金沢行きの特急まで30分を切っている状況で、駐車場に広がっていた光景は。

何列にも重なり、ビッチビチに駐車されていて、クマの車はオセロで言う所の角。

どう頑張っても、出せない。。

タクシーしかない!

目の前の道路に出るが、そこは車がほとんど通らない真っ暗な道。

おわた。

スーツケースを引っ張り、とりあえず交差点までダッシュ!!

くそーー!!

旅先でのトラブルが大嫌いなロドリゲス。

くそー!!

遠くから、クマの声

「きーつけてー」

うるさい!

割と大きめな交差点。

車通りはほぼない。


やばいー!

こうなったら、北見スタイル。

金星タクシー(北見では超定番タクシー)的なメジャーなタクシーを呼ぶしかない!

検索、、、

福井 タクシー

ん?

全然ない!

もう選んでいる時間はない!!

とりあえず電話。

トゥルルル

タ『はい、〇〇タクシーです』

ロド『すいません!〇〇交差点まで大至急車回すますか⁉︎』

タ『あぁ、あのぉウチ個人タクシーなんで30分待てますか?』(福井弁)

ロド『 かけ直します(-_-)』

もう無理だ。

金沢は終電の0時に乗ろう。

あぁ。おわた。

加賀百万石。

また、次回にするよ。

その時

遠くの方で、微かに光る『空車』のマーク

あっ!

いや、騙されない。

さっきも空車だと思い、命懸けで道路に出たが『実車』だった。

するとその車が、ロドリゲスの前に。

タ『お客さん!乗る~?』

ロド『え、え⁉︎空車⁉︎』

タ『どうぞぅお~』

そのとき金沢行きまで15分

タ『どちらまで?』

ロド『ふ、福井駅まで!!何分ですかね⁉︎あと15分、、

タ『ふふふっ。』

ロド『えっ。』

タ『お客さ~ん。ここから福井駅まで15分ですよ。
他のドライバーなら(-_-)

その時、ロドリゲスはさとった。

この運転手。

俺を時間内に間に合わそうとしている。と。


ロド『お願いします-_-)』

そこからの道順と、速度なんて覚えていない。

ただ、その運転手。

かなりの腕前。

若葉マークの運転手を道幅8mの道路で加速からの追い越し。

その都度、1人でブツブツ。

信号が黄色なら、手前で左折、からの交差点合流。

からのブツブツ。

気付いた時には、出発5分前に福井駅。

タ『良い旅を。』

ロド『はい。あなたのためにも。』

心の中で思いながら、ホームへ。

間に合った。。。

さぁ!金沢だ!!

次回!

うなる!うなる!空輸のビールを飲みあさる!

をお楽しみ下さい。

街はずれ ビール食堂 ロングサイド
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ロングサイドの愉快な仲間達 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。